弱酸性とアルカリ性の洗顔石鹸の違いとは?

洗顔料には弱酸性タイプとアルカリ性タイプがあります。とくに弱酸性の洗顔料は肌に優しいことをセールスポイントにしていることが多く、こちらの方がアルカリ性タイプよりも適しているようなイメージもあります。ただ実際にはそれほど単純なことではありません。

弱酸性とアルカリ性のそれぞれの特徴を知り比較する

弱酸性とアルカリ性の洗顔石鹸

もともと人間の肌は弱酸性の状態にあります。そのため弱酸性の洗顔料を使用した方が肌に余計な負担をかけることなく洗うことができるのです。

 

こうした点から弱酸性の洗顔料は低刺激を売りにしているわけですが、それに対して洗顔石鹸の多くはアルカリ性となっています。洗顔フォームと洗顔石鹸を比較する際にこの弱酸性とアルカリ性のどちらが適しているかも大事なポイントとなります。
ではアルカリ性の洗顔石鹸は刺激が強くてデメリットが多いのかというと必ずしもそうとはいえない面もあります。

 

まず洗浄力の問題。皮脂分泌が多い人、濃い目のメイクをしている人などは弱酸性の洗顔料では汚れをしっかり落とすことができないケースも多く、それが蓄積して毛穴の詰まりや黒ずみ、さらに肌荒れなどのトラブルの原因となります。

 

アルカリ性は弱酸性に比べて洗浄力に優れているのでこの点大きなメリットを備えているわけです。

アルカリ性の洗顔石鹸はターンオーバーの活性化に効果的

もうひとつ、肌サイクルへの影響も重要なポイントです。アルカリ性の洗顔石鹸で洗うと肌が一時的にアルカリ性の状態になります。

 

その後再び本来の弱酸性の状態へと戻っていくことになるわけですが、その働きが肌サイクルそのものを活性化させる働きをもたらす面もあるのです。

 

いわば適度な刺激を与えることで乱れた肌サイクルやターンオーバーを活性化させ、肌の健康状態を改善へと導くことができるわけです。

 

洗顔石鹸を選ぶ際にはアルカリ性を選ぶのが基本ですが、こうした弱酸性とアルカリ性の違いを踏まえたうえで適した方を選ぶようにしましょう。

 

乾燥肌・敏感肌に悩まされている人は弱酸性の方が適していますし、脂性肌やくすみ、毛穴の詰まりなどに悩まされている人はアルカリ性の方が適していることになります。
毛穴ケアに使いたい洗顔石鹸口コミ人気ランキング>>

毛穴ケアに使いたい洗顔石鹸口コミ人気ランキング

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加ミネラル洗顔料
1,800円・税別/定期コース1,705円・税別
さらに詳しくみる!>>

どろあわわ

どろあわわ

累計1050万個!洗浄力も洗い上がりもさらにパワーアップした大人気洗顔料
2,980円・税別/定期初回1,490円(2回目以降2,831円)税別
さらに詳しくみる!>>

ポーラ Dソープ

Dソープ

濃厚なねっとり泡で毛穴の汚れを絡めとる!くすみ・小じわ予防もできるソープ
100g2,700円・税込
さらに詳しくみる!>>