たるみ・黒ずみ・開き…年齢で考えたい毛穴ケア

20代の毛穴ケアの方法と対策

20代の毛穴ケアのポイントは毛穴の詰まりの予防・対策をしっかり行っていくことです。まだ若いため皮脂の分泌量が活発なため余分な皮脂が毛穴を詰まらせてしまい、それが毛穴の開きやニキビ、炎症といったさまざまなトラブルの原因となってしまいます。

20代は毎日の洗顔が毛穴ケアの基本

20代の毛穴ケア

それだけにまずは皮脂を毛穴に詰まらせないための毎日の洗顔がポイントとなります。

 

これは20代のスキンケア全般のポイントともなるのですが、ゴシゴシと強く擦って洗うのは絶対に避けましょう

 

肌に負担をかけてしまうだけでなく、表面だけを洗うだけで毛穴の奥に詰まった汚れをしっかりと落とすことができないからです。

 

それを防いで毛穴の汚れを落とすためには泡立ちが良い洗顔料を選ぶこと、そして使用する際にはしっかり泡立てることが大事です。

 

現在主流の洗顔フォームは使い勝手がよい反面、泡立ちが十分ではないものも多いので注意しましょう。

 

それから角栓対策。毛穴に詰まった皮脂や角質をそのままにしておくと角栓という硬くなった状態になります。

20代は酵素洗顔料がおすすめ

20代の毛穴ケア

これが酸化して黒くなると毛穴のブツブツになるほか、アクネ菌のエサになることでニキビ・炎症の原因ともなります。

 

できれば角栓ができる前に毛穴ケアをしっかり行いたいところですが、角栓ができてしまった場合には早い段階で除去する対策が必要です。

 

ポイントは絶対に無理に引っ張り出したりつまみ出そうとしないこと。無理にやろうとすると毛穴を傷つけてしまう恐れがあります。

 

オススメは角栓を溶かす効果がある酵素洗顔料です。小鼻など皮脂の分泌量が多くブツブツができやすい部分はとくに念入りにケアを行っておきましょう。

 

毛穴ケアの後に毛穴をしっかり引き締めることも忘れてはならないポイントです。若い世代に人気の毛穴パックを使用した後は毛穴が開いた状態にあります。

 

そのまま放置しておくと毛穴が目立つようになったり、汚れが毛穴に入り込んでしまう恐れがあります。収れん化粧水などで毛穴を引き締めるのを忘れないようにしましょう。

 

こうした若い肌ならではの傾向も踏まえた上で適切な毛穴ケアを心がけたいところです。
毛穴ケアに使いたい洗顔石鹸口コミ人気ランキング>>

30代の毛穴ケアの方法と対策

30代の毛穴ケアのポイントは20代の頃に比べて皮脂の分泌量が減少する一方、ターンオーバーの乱れによって角質が毛穴を詰まらせやすくなることです。ですからターンオーバーの維持を心がけながら毛穴の汚れをしっかり除去していける対策が求められます。

30代はピーリング洗顔料もおすすめ

30代の毛穴ケア

余分な皮脂と同じように角質は毛穴の奥に詰まることが多いため、泡立ちのよい洗顔でしっかりと落としていくことが大事です。

 

表面を擦るのではなく、泡が毛穴の中に入り込んで吸着力で汚れを落としていけるような洗顔方法を心がけましょう。

 

また、泡の粒子が細かい方が毛穴の奥にまで入り込めるため、クレイ(泥)や炭といった毛穴ケアに適した成分を配合した洗顔料がオススメです。

 

角質対策に関してはピーリング洗顔料の使用もオススメです。ターンオーバーに乱れが生じることで古くなった角質がなかなか剥がれ落ちずに蓄積していくとそれが毛穴を詰まらせる原因となります。

 

ですからピーリングで定期的に古くなった角質を剥がし、肌の再生を活性化することで毛穴の詰まりを効果的に防ぐことが可能です。

 

ただし注意したいのはピーリング洗顔料は肌に負担がかかるため、30代の肌には適さない恐れがあることです。

30代はビタミンEが配合された化粧品を!

30代の毛穴ケア

この点は肌質との相性もあるのではじめてピーリング洗顔料を使用する場合にはできるだけ低刺激なものを選ぶとよいでしょう。

 

30代に入ると毛穴が開きやすくなるのも悩みの種です。それを防ぐためには健康で若々しい肌作りに必要な対策も求められます。

 

スキンケアだけでなく食生活で体の内部に有効成分を補う対策も取り入れてみましょう。毛穴ケアに役立つ成分はビタミンAやビタミンE、ビタミンB群などが挙げられます。

 

とくにビタミンEは毛穴ケアに加えて抗酸化作用や保湿対策にも効果が期待できる優れものです。スキンケア製品を選ぶ際のポイントとして覚えておきましょう。

 

もうひとつ、化粧水選びにも注意しておきましょう。毛穴を引き締めるためには収れん化粧水が適していますが、エタノールが配合されている化粧水は水分を蒸発させてしまう効果もあるため、乾燥が加速していく30代には適さないこともあります。

 

この点もピーリング洗顔料同様、肌との相性を考慮したうえで適切な製品を適切に使用していくよう心がけたいところです。

40代の毛穴ケアの方法と対策

40代の毛穴ケアは老化がもたらす肌の変化を意識したうえで適切な方法を選択することが重要です。30代後半から40代前半にかけて肌の老化が急速に進行していくため、その対策も視野に入れた毛穴ケアが求められるのです。

40代は毛穴とたるみを同時にケアしよう

40代の毛穴ケア

一番注意したいのはたるみがもたらす毛穴の開きです。皮膚がたるむことで毛穴が建てに開いてしまい目立つようになります。

 

40代の間にたるみ対策をしっかり行っておくかどうかで50代以降の肌や毛穴の環境に大きな差が出てくるだけにたるみ対策も毛穴ケアの一環として行っていきましょう

 

それから保湿対策。40代は角質層に含まれているセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少することで乾燥が加速していきます。

 

その結果紫外線のダメージなどで老化が進行するほか、真皮層のコラーゲンが破壊されハリが失われるといった問題が生じてしまうのです。

 

さらに乾燥が進むと毛穴の柔軟性が失われ、奥に詰まった皮脂や角質を洗顔で落としにくくなる点も厄介です。表面のカサつきが気になりだしたらまず保湿対策を行ったうえで毛穴の詰まりをしっかり落とせる洗顔を心がけましょう。

 

毛穴の柔軟性が失われている状態で無理に洗顔だけで汚れを除去しようとすると肌に負担がかかってしまうので要注意です。

40代は低刺激な固形石鹸がおすすめ

40代の毛穴ケア

洗顔に関してはこれまで以上に低刺激で丁寧な方法が求められるようになります。

 

指で強く擦って洗うのは問題外として、低刺激な洗顔料を正しい方法で使用することが重要です。

 

お勧めは固形石鹸。肌への刺激が少ないうえに泡立ちがよく、しかも油分があまり含まれていないので肌への刺激が少ないといったさまざまなメリットが備わっているからです。

 

洗顔フォームに比べて泡の持ちがよいので洗顔の最後まで泡の力で毛穴の汚れをしっかりと落としていくことができます。

 

あとは生活習慣。体の老化が進行する時期だからこそ、健康的な生活習慣を心がけましょう。

 

とくに大事なのが睡眠環境。睡眠不足に陥るとターンオーバーが悪化して肌のハリが低下し毛穴が開きやすくなります。

 

ストレスや不規則な生活で睡眠障害に陥りやすい年代でもありますから、質の高い睡眠を確保できる生活環境を維持したいところです。

50代の毛穴ケアの方法と対策

50代になると毛穴の開きが目立つようになります。これは老化によるたるみが大きな原因のため、エイジングケアと合わせて毛穴ケアを行っていくことが必要です。

50代は毛穴とたるみ対策を併せてケア

50代の毛穴ケア

たるみ対策にはまずターンオーバーの活性化を目指しましょう。

 

肌のターンオーバーは28日周期といわれますが、年齢を重ねるにつれてそれが遅れがちになり、50代にもなると50日以上にまで延びてしまうといいます。

 

その結果新しく健康な肌が作られにくくなり、ハリが失われることでたるみやすくなるのです。

 

この改善には抗酸化成分による老化対策も必要ですが、50代になると老化を防ぐだけの対策では限界が出てくるため、プラセンタエキスやEGFといった皮膚細胞を活性化する作用を備えた成分の活用がオススメです。

 

肌のハリを改善するためにはもうひとつ、真皮層のコラーゲンを増やす対策も重要です。角質層の奥にある真皮層では繊維状のコラーゲンがエラスチンとともに網の目のように張り巡らされることで肌全体を支えています。

 

しかし加齢とともにコラーゲンの含有量が減少していくと肌を支える力も衰えてしまい、たるみやすくなるのです。注意したいのはスキンケアでコラーゲンを補っても真皮層にまでは届かないこと。

紫外線対策も50代の毛穴ケアでは大切

50代の毛穴ケア

そのためコラーゲンを直接補うよりもコラーゲンの生成を促す成分を補った方が効果的といわれています。

 

レチノールやビタミンC、ビタミンEとった成分にその効果が備わっているため、先述した皮膚細胞を活性化させる成分と合わせてスキンケア製品を選ぶ際の参考にしましょう。

 

もうひとつ、紫外線対策も50代の毛穴ケアで忘れてはならないポイントです。50代の肌はバリア機能が低下しているだけでなく皮膚が薄くなっており、紫外線のダメージを受けやすい状態になっています。

 

この紫外線が先述した真皮層にまで達するとコラーゲンを破壊してしまい、たるみの原因となります。40代までと比べても紫外線のダメージの影響が大きくなるため、日ごろから適切な対策を忘れないようにしましょう。

 

効果が高い日焼け止めばかりを使用しているとそれが肌に負担になってしまうのでつねに適度な効果の日焼け止めを使用するよう心がけるのも大事なポイントです。
毛穴ケアに使いたい洗顔石鹸口コミ人気ランキング>>

毛穴ケアに使いたい洗顔石鹸口コミ人気ランキング

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加ミネラル洗顔料
1,800円・税別/定期コース1,705円・税別
さらに詳しくみる!>>

どろあわわ

どろあわわ

累計1050万個!洗浄力も洗い上がりもさらにパワーアップした大人気洗顔料
2,980円・税別/定期初回1,490円(2回目以降2,831円)税別
さらに詳しくみる!>>

ポーラ Dソープ

Dソープ

濃厚なねっとり泡で毛穴の汚れを絡めとる!くすみ・小じわ予防もできるソープ
100g2,700円・税込
さらに詳しくみる!>>