原材料や製造法で、洗顔石鹸の効果は異なる?

市販の洗顔石鹸にはさまざまな原材料や製造法によって作られたものがあります。それが製品ごとの特徴やメリット・デメリットをもたらしています。普段あまり意識することがないこうした点を見ておくことで洗顔石鹸選びをより詳細に行っていくことができるようになるでしょう。

石鹸に使われている脂肪酸の種類や特徴を把握する

まず原材料。石鹸とは脂肪酸によって作られるものです。そのためどんな脂肪酸を使用するかによって製品内容と効果に大きな差が出てきます。

 

例えば多くの洗顔料に使用されているラウリル酸は持ちがよい一方、刺激が少々強い特徴を備えています。

 

それから洗顔石鹸の原材料として使用されることが多いリノール酸は刺激・洗浄力ともに低めなため、マイルドな使い心地で乾燥肌・敏感肌の人に適しています。

 

ただしこのリノール酸は持ちがあまりよくないという難点を抱えているので消費期限内にしっかり使い切ることが大事です。他には洗浄力と刺激ともに平均的なミリスチン酸、洗浄力が高く刺激が少なめなオレイン酸なども洗顔石鹸で広く使用されています。

製造過程の違いによっても効果や性質に違いが出る

それから製造法。どのような過程で作られるかによっても洗顔石鹸の効果や性質に違いが出てきます。製造法に関しては大きく2つのタイプに分けられます。

 

まず「けん化法」。この方法は植物脂などの脂分と苛性ソーダを反応させることで石鹸素地を作る方法で、水に溶けやすい特徴を備えているものの、刺激が少ないのが洗顔石鹸を作ることができる方法です。

 

もうひとつが「中和法」。こちらには油脂を脂肪酸とグリセリンに分離させたうえで脂肪酸とナトリウムを化合させたうえでグリセリンを混ぜて完成させる方法です。

 

この方法ではグリセリンと一緒に防腐剤をはじめとした添加物を混ぜることも多く、品質の持ちがよい一方、使用されている化学成分によっては肌に負担をかけてしまうケースも見られます。

 

そのため乾燥肌・敏感肌の方にはどのような添加物が使用されているのかどうかをよく見極めたうえで判断することが大事です。

 

このように、原材料や製造法によって洗顔石鹸の特徴やよしあしも見えてきます。それほど詳しく知る必要はありませんが、それぞれの違いくらいは知っておいて損はないのではないでしょうか。
毛穴ケアに使いたい洗顔石鹸口コミ人気ランキング>>

毛穴ケアに使いたい洗顔石鹸口コミ人気ランキング

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加ミネラル洗顔料
1,800円・税別/定期コース1,705円・税別
さらに詳しくみる!>>

どろあわわ

どろあわわ

累計1050万個!洗浄力も洗い上がりもさらにパワーアップした大人気洗顔料
2,980円・税別/定期初回1,490円(2回目以降2,831円)税別
さらに詳しくみる!>>

ポーラ Dソープ

Dソープ

濃厚なねっとり泡で毛穴の汚れを絡めとる!くすみ・小じわ予防もできるソープ
100g2,700円・税込
さらに詳しくみる!>>